アフィリエイトで成功するために!運用から広告代理店選びまで!

アフィリエイトで成功するためには、失敗を乗り越える必要があります。サイトを作るところから始まって、収入を得るまでには様々な失敗があるでしょう。そんなときには学ぶことが重要になります。アフィリエイトでは失敗した分だけ成功へ近づくのです。

ここでは成功するために必要なことを運用や広告代理店選びなどに分けて解説していきます。

⇒アフィリエイトで稼ぐ!サイトを運用して広告代理店から収入を得る!

アフィリエイトで成功するには運用するサイトが重要

アフィリエイトで成功するには、自分が運用するサイトをどのように育てるかが重要になります。運用するサイトがアフィリエイトで成功する鍵を握っていると言っても過言ではありません。そこで大切なのが運用するサイトに閲覧者が欲しい情報や回答があることです。

例えば、やせたい人が見つけたサイトに、やせる方法が載っていれば欲しい情報があったことになります。

このように求めている答えがサイトにあることが大事なのです。答えを用意するためには、サイトの閲覧者について知っておく必要があるでしょう。閲覧者のペルソナを作って、そのペルソナが望むものをサイトで提供します。

このペルソナが実際の閲覧者に近ければ、ペルソナが望むものがそのまま閲覧者が望むものになるでしょう。また、サイトでは悩みに関連する情報を充実させることは重要です。関連する悩みからサイトを見つけてもらえるからです。

トップページではなく、下部ページで関連する悩みの解決方法を示せば、集客を助ける効果があるでしょう。

サイトでは問題提起から解決まで行う

サイトの作り方で重要になるのが問題提起から始まって、最後には問題の解決方法を示すことです。例えば、やせられないという悩みを持っている人は、食事制限ができずに困っていると問題提起をします。その上で、困っている具体例や解決するために必要な条件などを提示して、最後に解決方法を示すのです。

これによって閲覧者はこのような流れで解決できるのだと、理解することができるでしょう。理解してもらうことができれば、最後にその解決に必要な商品があれば、リンク先に買いに行く可能性は高いです。このような流れだと解決するためにその商品が欲しいという、欲求を閲覧者に持たせることができるのです。

また、使い方などを理解しているために、商品ページに行ってからは買う行動だけをします。ここまでできれば、アフィリエイトサイトとしては優秀です。商品が売れるまでのストーリーを描けていれば、ストーリーに乗って閲覧者が買ってくれるでしょう。

SEOは意識しながら運用をする

サイトを作ったら次は運用です。サイトを作るだけでは人が集まるサイトにはなりません。上手く運用をして、閲覧者が集まってくるようにするのです。そのためには、SEOを意識した運用が大事になります。サイトを更新するとSEOの効果はありますが、半年に一回だけ更新しても意味がありません。

更新するなら頻度が高いほどいいです。また、サイト内容を変えることも重要です。サイト内容を変えるのであればトップページをガラッと変えるのではなく、下部ページを増やす方がいいです。トップページを変えてしまうと、検索順位に大きく影響するかもしれません。

順位が高いときなどはトップページではなく、下部ページを変えていく方が無難です。

広告代理店を選ぶときのポイント

アフィリエイトでは広告代理店が重要です。選ぶときのポイントしては、使いたい商品があることが第一条件です。使いたい商品がないのであれば、その広告代理店と契約しても使わなくなるでしょう。また、人気の商品や話題の商品があるというのは次のポイントです。

アフィリエイトでは1つのサイトをずっと作り続けることをしません。いくつかのサイトを平行して作っていきます。そんなときに商品として、使いやすいものがあると次の機会に使ってみようという気になります。他のポイントとしては、商品が売れたときの承認率の高さです。

承認率が高ければ、アフィリエイターに入る収入が多くなります。基本的に売れたときには承認されるのですが、お客さんがキャンセルしたときなどは承認されない可能性があります。承認率は広告代理店によって違いますので、調べてから契約することが大事です。

商品は売れるものに絞る

アフィリエイトで成功するためには、売れる商品から始めることが重要です。売れ筋の商品をアフィリエイトすると、難しいことをしなくても売れることがあります。

それは商品に認知度があって、欲しい人が多いときに起きる現象です。需要と供給のバランスが需要側に傾いている商品があれば、商品リンクを貼るだけで売れる可能性があるのです。一方で、何をしても売れない商品もあります。

インターネットでは売りにくい商品だと、苦労してサイトを作ってもなかなか売れないことがあるでしょう。売れる商品を売るようにすれば、薄利だったとしても数が多ければ収入が増えます。

売れないと分かったら見切りをつけることも大事

売れないサイトを作ってしまったときには、ある程度の時間をかけたら見切りをつけることが大事です。それ以上手を加えることをせずに、放置します。その間に順位が上がってきたら手を加えることにして、上がってこなければそのままにします。

このようにする理由は、時間をかけても売れないサイトは売れないからです。時間をかければ売れるサイトになるかもしれませんが、他の売りやすいサイトを先に育てた方が効率的です。時間は限られていますのが、売れるサイトに集中する方が成功へ近づけます。

失敗したら原因を見つけて次に生かす

売れないサイトを作ったときに、するべきことは原因を見つけることです。原因が分かれば次に作るサイトに生かせます。商品選択、サイト構成、リンクの貼り方など、原因はいくつも考えられます。その一つ一つを検証して、次からは失敗しないようにすることが大事です。

原因が特定できなくても、可能性を見つけるだけでもいいです。可能性が高い点に注意しながらサイトを作れば、問題点が分かるかもしれません。このように失敗したときにも得られるものがあるのです。

アフィリエイトは成功するまで続けることが大事

アフィリエイトはサイトを作って失敗したら、学んでまた作るということの繰り返しです。初めから成功できる人はほとんどいません。成功するまで学び続ける人が成功していきます。途中で諦めなければ、いつかは成功するのです。

辛くても苦しくても諦めずに挑み続ければ、ふとした瞬間に成功への道筋が見えてきます。それまでは我慢しましょう。成功すると信じて続けることが、アフィリエイトで成功するためには何よりも大切です。