広告代理店を通してアフィリエイト!成功したら運用は任せる!

アフィリエイトに関する全ての行程を、一人だけでするのは現実的ではありません。まず広告主を見つけることが難しいです。そう考えると、広告代理店が大事な理由が分かります。さらにアフィリエイトで大きく成功するためには、運用を任せる必要があります。

それができれば、新しいものを作る時間ができるからです。ここではアフィリエイトを成功に導くための行程を解説していきます。

⇒アフィリエイトで稼ぐ!サイトを運用して広告代理店から収入を得る!

サイトを作ることが基礎

アフィリエイトを始めるときにまずすることとして、サイトを作ります。広告代理店と契約するために、サイトが必要になることが多いからです。特定の商品が載ることを想定して、サイトを作ると方向性があって作りやすいでしょう。

例えばダイエットサプリを売りたいのであれば、ダイエット体験談のサイトを作ると商品までの誘導がしやすいです。そのようなサイトを作るときに大事になるのが、嘘や誇大広告がないようにすることです。嘘や誇大広告があると商品が売れた後にクレームの対象になる可能性があります。

特に医療品や薬品に関しては厳しい法律が存在しますので、大袈裟な表現は罰則の対象になりかねません。また、サイトを作るときに重要になるのは、見やすくて分かりやすいサイトにすることです。どんなに優秀なサイトを作っても、閲覧者が見ないものでは意味がないです。

閲覧者は見にくいものや分かりにくいものを敬遠し勝ちですので、一瞬で閲覧者が見たいと思えるサイトを作ることが大切になります。

アフィリエイトでは広告代理店を通して広告収入を得る

アフィリエイトにおいて、広告が大事な収入源になります。そのため、どのような広告を選ぶかで稼ぎが変わるでしょう。選ぶ広告を間違えると、稼げないサイトに時間をかけることになります。そんな広告を選ぶときにしっかり確認するといいのが、広告代理店です。

広告代理店はアフィリエイトに使う広告を、広告主から依頼を受けてアフィリエイトをする人に提供している会社です。広告代理店によって、広告の種類は違いますし、得意な分野も違います。そう考えると、使いたい広告を見つけてから登録することが大事です。

広告代理店に登録した後は、運営しているサイトが広告代理店から承認されれば、広告を貼ることができます。そこまでできて、広告収入を得る第一歩になるのです。

広告は売れる商品から始める

アフィリエイトで失敗する人の特徴として、売れないものを売ろうとするということがあります。インターネットでは売りやすいものと売りにくいものがはっきりと分かれますので、その点を考慮して広告を選ぶことが重要です。

もう一つ大事なこととして、売れる商品であったとしてもライバルが多い広告は避けた方がいいです。商品の人気が高過ぎると、強いアフィリエイターが多く集まっている可能性が高いです。そうなると、そのアフィリエイターを押しのける実力がないと稼ぐことは難しいでしょう。

できる限りライバルが少なくて、人気のある商品を見つけることができれば、売れる確率が上がります。また、販売系の商品は人気などから判断しやすいですが、集客系の広告は判断が難しいです。問い合わせや来店が承認条件の広告は簡単なように見えますが、それだけ集めにくいと考えられます。

そのため、条件が簡単そうだからという理由で始めてみると、人が集まらないことがあるのです。そのような広告の場合は、話題性や認知度などを参考にして、広告を選ぶと集客しやすいでしょう。

アフィリエイトリンクを貼ったらそこがスタート地点

広告を選んでアフィリエイトリンクを獲得したら、サイトにアフィリエイトリンクを貼ります。アフィリエイトリンクを経由して、リンク先で承認条件をクリアすればお金が入ってきます。そのため、アフィリエイトリンクを貼ることが、アフィリエイトのスタート地点になるのです。

このアフィリエイトリンクを貼ることで、検索エンジンの評価は高い確率で落ちます。

どんなに優秀なサイトを構築していたとしても、アフィリエイトリンクを貼ることで検索順位は落ちてしまうのです。そう考えて、アフィリエイトリンクを貼ってからが本当の勝負になるでしょう。

SEO対策を施すことが重要

アフィリエイトリンクを貼ることで検索順位が落ちたときには、SEO対策を施す必要を感じるでしょう。一般的なSEO対策としては外部リンクや、文字数を増やすことが考えられます。しかし、そのようなSEO対策は検索エンジンの評価基準が変わると、評価されなくなる可能性があります。

そこでSEO対策として重要な考え方として、閲覧者が問題を解決できるサイトにすることです。人が集まるサイトを検索エンジンは良質なサイトだと判断します。そのため、問題解決できるようなサイトを作っておけば、人が集まりやすなります。

アクセスが集まるようになると検索エンジンの評価が上がるのです。

サイトを充実させて閲覧者を増やす

SEO対策の一環としてサイトを充実させるのではなく、閲覧者が集まりやすくするために内容の濃いサイトにします。閲覧者がまた見たいと思うサイトや、問題が解決できるサイトを作ることで、集客につなげるのです。内容が薄いサイトやアフィリエイトリンクだけが貼ってあるサイトではそうはならないでしょう。

閲覧者が増える理由として、問題が起きたときに、サイトを見て問題を解決できた人がリピーターになるからです。人が集まり出すと、検索順位でも上位に表示されるようになって、さらに閲覧者が増えます。新しく見た人も悩みが解決できれば、リピーターになるでしょう。

このように人が集まり出すと、アフィリエイトサイトは稼げるようになっていきます。

商品が売れるようになったら運用は誰かに任せる

アフィリエイトで売れるサイトがいくつかできると、運用をするのが手間になります。一度売れるサイトになると、大きな変更をする必要がありません。日常的なサイトの更新などで十分に対応できます。そのため、売れるようになったら運用者を決めて、サイトを任せることが大事です。

それができれば、時間を作ることができます。時間ができれば、別のサイトを作ることができるのです。

新しいサイトを立ち上げて、稼げるサイトを再び作る

運用から離れると、別のサイトを1から作ることができます。それを人気サイトに育てることができれば、収入源が増えるのです。このような考え方をしていくと、時間を作ってアフィリエイトサイトを増やす方が大きく成功できると分かるでしょう。

一度成功の法則が分かれば、あとは繰り返すことで収入が増えていくのです。